間違えると大変なことに!?ろ過フィルターのお手入れ

間違えると大変なことに!?ろ過フィルターのお手入れ

生体や水草を飼育する水槽の汚れをろ過してくれるろ過フィルター。
水槽の水質を良好な状態に保つために欠かせないアイテムの一つです。

汚れをろ過するということは、当然ろ過フィルター自体のお手入れも必要になってきます。
定期的に掃除をしないと、せっかくろ過フィルターを設置しても、十分な効果を発揮することができません。

また掃除の仕方を間違えてしまうと、かえってろ過機能の低下につながってしまいます。

そこで今回は、ろ過フィルターの掃除の仕方や注意点などについてお話しします。
きちんとお手入れをして、ろ過フィルターをより効果的に使用できるようにしましょう。

どうしてろ過フィルターの掃除が必要なの?

ろ過フィルターとは文字通り水槽内の汚れをろ過してくれる器具のこと。
水槽で生体や水草などを飼育する方にとって、ろ過フィルターは必要不可欠です。

使用していくうちにろ過フィルター内にも汚れが堆積していくため、その都度掃除をしなくてはなりません。
掃除をしないで放置していると、きちんとろ過が行われず、水槽内に悪影響を及ぼします。
しっかりとろ過機能を持続させるために、定期的に掃除をするようにしましょう。

ろ過フィルターの掃除の手順や注意点は?

ろ過フィルターを使用する上で重要なのが、正しいお手入れをしていくこと。
ろ過フィルターにはさまざまな種類があり、種類によって洗い方も違います。
掃除の方法を間違えると、かえって水槽内の水質を悪化させる結果になってしまう可能性があります。

ここからはろ材を使用したろ過フィルターの正しい掃除の仕方を、注意点も踏まえて紹介していきます。

ろ材を洗う

まずろ過フィルターからろ材を取り出します。
取り出したろ材をバケツなどの容器に移した飼育水で洗います。
水道水を使用すると、せっかく定着したろ過バクテリアが塩素の影響で死んでしまいます。
洗う際は必ず水槽内の飼育水を使用するようにしましょう。

またろ材をあまりきれいに洗ってしまうと、やはりろ過バクテリアが減少し、ろ過機能に影響が出てしまいます。
しっかりと洗い上げたいところですが、洗い過ぎないよう注意しましょう。

ろ過フィルター本体を洗う

続いてろ過フィルター本体を洗います。
ろ材を洗うのと同様、水道水は使わず飼育水を使用するようにしましょう。

水槽の水を足す

最後に洗浄のために減った分の水槽の水を足します。
ここでも水道水はそのまま使用せず、中和剤でカルキ抜きをしてから使用します。
水温計を使い、水槽の水に水温を合わせることも忘れずに!

ろ過フィルターの掃除のタイミング

ろ過フィルターの掃除のタイミングは状況によりますが、基本的に3ヶ月~6ヶ月に1回程度です。
ただし定期的な掃除のタイミング以外でも、掃除が必要になる場合があります。

  • 水の濁りが気になる
  • コケが目立つ
  • 異音がする

などの場合は、そのタイミングで掃除をしましょう。

まとめ

今回はろ過フィルターの掃除についてお話ししました。
内容のポイントをまとめます。

  • ろ過フィルターは定期的な掃除が必要
  • 洗浄は水道水でなく飼育水で行う
  • ろ過バクテリアを減少させないようろ材を洗いすぎない
  • 水槽に足す水はカルキ抜きや水温調整を忘れずに
  • 掃除の頻度は3ヶ月~6ヶ月に1回程度
  • 状況に応じて掃除をするようにする

ろ過フィルターの掃除をする際は、以上の点に注意しましょう。

水槽の水質を良好に保つためのろ過フィルターは、飼育をする上でとても重要です。
メンテナンスを怠ると、せっかく作り上げたアクアリウムが台無しになってしまうことも。

ろ過フィルターのろ過機能をしっかりと持続させるためには、定期的に正しい方法でお手入れをしていくことが大切です。
生体や水草が快適に過ごせる環境を維持するために、きちんとメンテナンスを行っていきましょう。

Advertisement