最適な水温を保つのは重要です!サーモスタットって何か知ってますか?

生体や水草によっては一年中温暖な地域に生息していますが

日本の場合は四季があるため、気温の変化がかなりあります。

生体や水草の種類によって違いますが水槽内の水温が20℃から28℃程度が

最適な水温である事が多いので対策をしていないと

夏場は冷却ファンを冬場の場合は水槽用のヒーターを使わないと最適な水温になりません。

水槽内の水温が急激に低下すると生体の場合は体調を崩しやすくなったり

病気になりやすくなったりします。

水草の場合はうまく育成ができないなど悪影響を与えます。

水温を一定に保つ事はとても重要な事です。

今回はサーモスタットについて詳しく説明をしていきます。

・サーモスタットとは

水槽の水温を感知するセンサーを水槽内に設置して設定した水温よりも

下回る水温になるとサーモスタットに付いている電源をONにして水槽用ヒーターに通電させて

水温を設定した水温まで上げたり、設定した水温よりも上回る水温になるとサーモスタットの

電源をOFFにして水槽用ヒーターの通電を遮断して水温が上がらない様にできるので

水槽内の水温をコントロールできる様になるのですが水槽内の水温を下げる事は

できないので冷却ファンを使って水温を下げる必要があります。

※サーモスタットは単体で使用する事ができません。

水温を上げるには水槽用ヒーターを接続して使う事で水槽内の水温を上げます。

サーモスタットには水温を下げる効果はありません。

・注意する点

生体や水草を飼育する場合は水槽内の水温が20℃から28℃程度が最適な水温である事が

多いのでその間で設定しますがサーモスタットの水槽の水温を

感知するセンサーが故障・設置に不備・寿命を迎えた場合は水槽内の水温が

異常に上がる事がありますので水温計を必ず設置して水温を確認する様にしてください。

サーモスタットに接続ができる水槽用ヒーターの合計最大ワット数があるので

サーモスタットを確認してください。

・まとめ

サーモスタットは水槽の水温を感知するセンサーを水槽内に設置して設定した水温を

下回ると電源をONにして上回ると電源をOFFにする事で

水槽内の水温をコントロールする事ができます。

サーモスタット単体では水温を上げる事ができないので水槽用ヒーターを接続して使います。

水温を下げる事はできないので下げる場合は冷却ファンを使って下げる必要があります。

注意する事は水槽の水温を感知するセンサーの故障・設置の不備・寿命を迎えて水温が

異常に上がってしまう事なので水温計を設置して水温を確認する様にしてください。

サーモスタットに接続する事ができる水槽用ヒーターの合計最大ワット数があるので

確認する様にしてください。

by カエレバ
Advertisement