最適な水温を保つのは重要です!温度可変式ヒーター(分離型)って知っていますか?

生体や水草によっては一年中温暖な地域に生息していますが

日本の場合は四季があるため、気温の変化がかなりあります。

生体や水草の種類によって違いますが水槽内の水温が20℃から28℃程度が

最適な水温である事が多いで対策をしていないと

夏場は冷却ファンを冬場の場合は水槽用のヒーターを使わないと最適な水温になりません。

水槽内の水温が急激に低下すると生体の場合は体調を崩しやすくなったり

病気になりやすくなったりします。

水草の場合はうまく育成ができないなど悪影響を与えます。

水温を一定に保つ事はとても重要な事です。

今回は温度可変式ヒーター(分離型)について詳しく説明をしていきます。

・水槽適合サイズと適合ワット数

水槽のサイズワット数
30cm以下(10ℓ以下)50w以下
30cm以下(20ℓ以下)50w~
45cm以下(40ℓ以下)100w~
60cm以下(60ℓ以下)150w~
70cm以下(100ℓ程度)200w~
90cm以下(150ℓ程度)300w~
120cm以下(200ℓ程度)500w~

※上記の水槽適合サイズと適合ワット数は水槽設置場所の周囲の温度が15℃以上の場合です。
 水槽設置場所の周囲の温度が15℃以下の場合は希望した水温まで上がらない事があります。
 その場合は水槽適合サイズよりも上のワット数の水槽用ヒーターを選びましょう。

・温度可変式ヒーター(分離型)とは

サーモスタットと水槽用ヒーターが別々になったタイプです。

温度の調節ができるので水温を生体や水草に合わせて調節します。

水温の設定は20℃~35℃程度の範囲で調節が可能です。

準備する際にサーモスタットと水槽用ヒーターを

別々に準備する必要があるので費用が高くなってしまいますが

セットで販売されているモノを購入すれば安く準備する事ができますのでオススメです。

水槽用ヒーターが故障したり、寿命を迎えた場合は水槽に適合する水槽用ヒーターを

単体で購入ができるので準備さえしてしまえば他の水槽用ヒーターよりも

維持費が結果として安く済みます。

・注意する点

水温を感知するセンサーを水槽内に設置する必要があるので

水槽内をレイアウトをする際にセンサーが邪魔になる事があります。

・まとめ

サーモスタットと水槽用ヒーターが別々になっているので準備する時に

高くなってしまいますがセットで販売しているモノを購入する事で

比較的に安く済ませる事ができます。

また水槽用ヒーターが故障したり寿命を迎えても水槽用ヒーターを単体で購入して

交換ができるので他の水槽用ヒーターよりも結果的に維持費が安く済みます。

水槽内に水温を感知するセンサーを設置する必要があるので

レイアウトをする時にセンサーが邪魔になる事があります。

by カエレバ

 

 

 

Advertisement