二酸化炭素を添加してキレイな水草を!タブレット型と自然溶解の二酸化炭素強制添加装置

キレイな水草が植えられ、流木などがレイアウトされた

自然の一部を切り取った様な水槽は見る人に癒やしや感動を与えてくれます。

そんな水草水槽を自分で作り上げたいと思っていても水草を植えてみると

枯れてしまったり、溶けてしまったり思いどうりに成長してくれず

イメージしていた水槽と違うという事があると思います。

そんな水草も二酸化炭素を添加してみると見違えた様にキレイな成長をしてくれます。

でもどうやって二酸化炭素を添加したら良いのかわからないと言う人は

この記事を見て二酸化炭素を添加してみてください。

今回はタブレット型二酸化炭素添加方式と二酸化炭素自然溶解方式を

使った添加方法を紹介したいと思います。

・タブレット型二酸化炭素添加方式とは

器具の設置が必要がないので簡単に導入ができます。

市販されているタブレットを水槽内に入れるだけで二酸化炭素が

発生して水中に溶け込みます。

タブレットの中に二酸化炭素を発生させるだけでなく

栄養素も含まれているモノもあります。

 

・メリット

・器具の設置がいらずタブレットを入れるだけで二酸化炭素を添加出来る。

・デメリット

・ランニングコストが高くなってしまいます。

・添加量を調整する事ができない。

 

by カエレバ

・二酸化炭素自然溶解方式とは

水槽内に二酸化炭素を溜めておくため容器(小型拡散筒)を設置して

その容器に二酸化炭素を溜めて自然に水中に溶け込ませる方式です。

二酸化炭素は水に溶けやすい性質があるのでこの方法でも水に溶け込みます。

・メリット

・初期費用が安くすむ。

・二酸化炭素が無駄にならない。

・デメリット

・自分で二酸化炭素を補充する必要がある。

・二酸化炭素の添加量の調整ができない。

・時間によるON/OFFが設定できず・自動化ができない。

・水槽内で目立ってしまう。

by カエレバ

・注意する点

二酸化炭素の量を調整する事ができないので夜間の生体・水草の呼吸によって

酸素量が減少し二酸化炭素の濃度が上昇してさらに二酸化炭素を添加する事になるので

水槽内が酸欠状態になる危険性があります。

・まとめ

タブレット型の添加方法は器具を設置する必要がなく簡単に導入する事ができますが

ランニングコストが高くなります。

自然溶解の添加方法は初期費用が安くて二酸化炭素が無駄になりませんが

自分で二酸化炭素を補充したり、水槽内で目立ってしまいます。

どちらも二酸化炭素を調整する事ができません。

二酸化炭素は水に溶けやすい性質があるので夜間も添付していると

水槽内が酸欠状態になり危険性があるので注意が必要です。

Advertisement