二酸化炭素を添加してキレイな水草を!発酵式二酸化炭素強制添加装置

キレイな水草が植えられ、流木などがレイアウトされた自然の一部を切り取った様な水槽は

見る人に癒やしや感動を与えてくれます。

そんな水草水槽を自分で作り上げたいと思っていても水草を植えてみると

枯れてしまったり、溶けてしまったり思いどうりに成長してくれず

イメージしていた水槽と違うという事があると思います。

そんな水草も二酸化炭素を添加してみると見違えた様にキレイな成長をしてくれます。

でもどうやって二酸化炭素を添加したら良いのかわからないと言う人は

この記事を見て二酸化炭素を添加してみてください。。

今回は発酵式二酸化炭素強制添加装置を使った添加方法を紹介したいと思います。

・発酵式二酸化炭素強制添加装置とは

ペットボトル内でイースト菌を発酵させる事で二酸化炭素を生産して、

その二酸化炭素をチューブを通して水槽内に送り出す方式です。

・メリット

・初期費用が安くすむ。

・デメリット

・二酸化炭素の添加量を調節する事ができない。

・気温によって生産される二酸化炭素の量が変わってしまう。

・時間でON/OFFを設定する事ができない。

・発酵式二酸化炭素強制添加装置の作り方

・道具

・500mlのペットボトル(炭酸飲料用の耐圧タイプを使う)

・エアーストーン

・エアチューブ

・きり(ペットボトルのフタに穴をあけるため)

・ドライバー(穴を広げるため)

・ジョイント(エアーチューブをつなげるため)

・瞬間接着剤

・重曹式の材料

・砂糖100g

・イースト菌1g程度

・重曹2g(食塩でも代用が可能)

・水400ml

※重曹(食塩)は発酵を抑える作用があり、
発酵しにくい気温が低い時は重曹(食塩)は必要ありません。

・作り方

・ペットボトルのフタにきりで穴をあける

きりを使ってジョイントがギリギリ入る穴をあけます。
穴が小さい時がドライバーで穴を広げます。(穴が大きすぎると二酸化炭素が漏れます)

・瞬間接着剤でジョイントを固定する

瞬間接着剤を使って隙間ができない様にジョイントを固定します。
(隙間があると二酸化炭素が漏れる原因です。)

・砂糖100gと重曹(食塩)2gをペットボトルに入れて混ぜる

重曹(食塩)は気温が高い時に使って二酸化炭素の生産を抑えます。

・ペットボトルに水とイースト菌を入れる

水400mlとイースト菌1gを入れます。

・ペットボトルにフタをして混ぜ合わせる

ジョイントを固定したフタをペットボトルに取り付けて内容物を良く混ぜ合わせます。

・フタにエアーチューブとエアーストーンを取り付ける

エアーストーンを取り付けたら水槽内にセットします。

・重曹式以外の方法

・ゼリー式の材料

・砂糖100g

・イースト菌1g程度

・ゼラチン2.5g

・水100ml

・作り方

・砂糖と水を鍋(分量が少ない場合はフライパンでも可能)に入れる

中火で加熱しながらあめ色になるまで混ぜます。

・ゼラチンを投入する

砂糖水を80℃程度まで温めながらゼラチンを投入して混ぜます。
(沸騰させてしまうとゼラチンが固まらなくなるので注意してください)

・ペットボトルに移す

ゼラチンが溶けたら少し冷ましてからペットボトルに移します。
(冷ましてから移さないとペットボトルが溶けたり、変形してしまうので注意してください)

・荒熱をとって冷蔵庫で固めて水とイースト菌を入れる

固まったらイースト菌を1g程度入れて、水をペットボトルの8割程度まで入れます。

・寒天式の材料

・砂糖100g

・イースト菌1g程度

・寒天100g(ml)が固まる量の2倍

・水100ml

・作り方

・砂糖と水を鍋(分量が少ない場合はフライパンでも可能)に入れる
中火で加熱しながらあめ色になるまで混ぜます。

・寒天を投入する
砂糖水を80℃程度まで温めながら寒天を投入して混ぜます。
(寒天の場合は沸騰させます)

・ペットボトルに移す

寒天が溶けたら少し冷ましてからペットボトルに移します。
(冷ましてから移さないとペットボトルが溶けたり、変形してしまうので注意してください)

・荒熱をとって冷蔵庫で固めて水とイースト菌を入れる
固まったらイースト菌を1g程度入れて、水をペットボトルの8割程度まで入れます。

・注意する点

気温が高いと30分程度、低いと2~3時間程度で発酵が行われますが

ペットボトル内の温度が上がりすぎるとイースト菌が死滅してしまうので

すぐに発酵させようと温めすぎるのは止めましょう。

by カエレバ
Advertisement