二酸化炭素を添加してキレイな水草を!ボンベ型二酸化炭素強制添加装置

キレイな水草が植えられ、流木などがレイアウトされた

自然の一部を切り取った様な水槽は見る人に癒やしや感動を与えてくれます。

そんな水草水槽を自分で作り上げたいと思っていても水草を植えてみると

枯れてしまったり、溶けてしまったり思いどうりに成長してくれず

イメージしていた水槽と違うという事があると思います。

そんな水草も二酸化炭素を添加してみると見違えた様にキレイな成長をしてくれます。

でもどうやって二酸化炭素を添加したら良いのかわからないと言う人は

この記事を見て二酸化炭素を添加してみてください

今回はボンベ型二酸化炭素強制添加装置を使った添加方法を紹介したいと思います。

・ボンベ型二酸化炭素強制添加装置とは

水草水槽を作る時に一般的に使われています。

ボンベに高圧で二酸化炭素が入れられていて、二酸化炭素をチューブを通して

二酸化炭素拡散器(拡散ストーン)で細かい泡として水中に放出する方式です。

・メリット

・ボンベを器具と繋ぐ事で簡単に二酸化炭素の量を調節する事ができます。

・別売りの電磁弁(自動でon/off装置)を使って
 二酸化炭素の添加を自動化する事ができます。

・デメリット

・初期費用・維持費が高くなってしまいます。

・添加に必要な器具

ボンベ型の二酸化炭素添加装置に必要な器具がメーカからフルセットで

販売されているので準備しましょう。

電磁弁はセットに含まれていない場合があるのでキチンと確認しましょう。

・二酸化炭素高圧ボンベ

二酸化炭素が高圧で入れられているボンベです。

・レギュレーター

高圧になっている二酸化炭素を減圧するための装置です。

・耐圧チューブ

レギュレーターから送られた二酸化炭素を拡散器につなげるためのチューブです。

・拡散器

チューブから送られた二酸化炭素を細かい泡にして拡散させるための器具です。

(細かいほど水中に溶け込みやすくなります。)

・カウンター

二酸化炭素の拡散量を確認するための器具です。

カウンターには水が入っていて水を通過する二酸化炭素が1秒間に

何滴、通過するかで拡散量がわかります。

通常は1秒間に1から2滴です。 カウンターと拡散器が一体型のもあります。

・電磁弁

二酸化炭素を自動でON/OFFするための装置です。

自動電源タイマーとコンセントでつないで電気が通ったらONに

電気が通らなかったらOFFするモノで自動電源タイマーが別に必要です。

・ボンベの種類

大型ボンベは小型ボンベに比べてランニングコストが安いですが

初期費用が高く大きいので場所をとります。

最近は小型ボンベの需要が上がって、小型ボンベの値段が安くなってきているので

ランニングコストの差が縮まっています。

初心者は小型ボンベがオススメですが大型の水槽で二酸化炭素の消費量が多くて

ランニングコストを気にするなら大型ボンベを選びましょう。

・小型ボンベ

水槽の横幅が90cm以下であれば小型のボンベを選びましょう。

・大型ボンベ

水槽の横幅が90cm以上であれば大型のボンベを選びましょう。

・まとめ

ボンベ型二酸化炭素強制添加装置は器具を使う事で

二酸化炭素の添加量を調節したり、添加の自動化する事ができます。

拡散器は二酸化炭素を細かい泡にして水中に拡散させます。

ボンベは大型ボンベと小型ボンベがあり、大型ボンベは初期費用が高いですが

ランニングコストが安いという特徴があり

小型ボンベは初期費用が安いですがランニングコストが高い特徴があります。

今は小型ボンベの需要は増えてきて値段が安くなってきたのでランニングコストの差が

あまりなくなってきたので大型の水槽で二酸化炭素を大量に消費したり、

ランニングコストが気になるなら大型ボンベがオススメで

水草水槽を始めてやってみたい方は小型ボンベがオススメです。

by カエレバ
Advertisement