キレイなレイアウトをするコツ? 構図を覚えよう!

熱帯魚の専門店・アクアリウムショップに行ったり、ネットで検索すると

水草や流木・石を使ってキレイなレイアウトをしている水槽を見た事があると思います。

自分でもキレイなレイアウトをしてみようとしてもイメージと違ったり、

レイアウトがうまくいかず悩んだり諦めてしまったなんて人は多いでしょう。

実は、基本さえ覚えてしまえば誰でも簡単にキレイなレイアウトが

できるテクニックがあります。

今回は3種類の構図をわかりやすく説明したいと思います。

・ 三角構図の特徴

水槽内でレイアウトが三角形になる様に水草や流木・石を配置した構図です。

右に寄せる方法と左に寄せる方法があります。

この構図のコツはレイアウトの高い部分と低い部分を極端にする事です。

一番高い部分は水面に届く位まで高くして、一番低い部分は底床に近い位まで低くします。

水草の配置も前の水草は背が低い種類を植えて、後ろの水草は背が高くなる水草を

選ぶとキレイな三角構図のレイアウトができます。

3種類の構図の中でも一番、簡単にできる構図です。

・ 凸型構図

水槽内でレイアウトが凸になる様に水草や流木・石を配置した構図です。

中央に配置して安定感のあるレイアウトにしたり、

あえて少し左右にずらしたりすると動きのあるレイアウトにする事ができます。

凸を目立たせる必要があるのでこまめに水草をトリミングする必要があります。

また水槽の給水・排水のポンプなどの人工物が隠しにくい構図です。

この構図は維持をするのが難しいため、3種類の構図の中で一番難しい構図です。

・ 凹型構図

水槽内でレイアウトが凹になる様に水草や流木・石を配置した構図です。

凹の様に左右が高くて、中央が低くなる様にレイアウトします。

他の構図よりも奥行き感を出す事が出来、この構図をする時は

奥行き感をどのように出すかを考える必要があります。

凹型構図のコツは

・ 左右と中央の差をハッキリさせる。

・ 左右のバランスは6:4にする。

この構図は6:4の黄金比が使われているので最もキレイに見える構図です。

・ キレイな構図を作るために

・ 水草

どんな構図にも必要なのが水草です。水草は種類によって成長スピードが違う事と

・前景草・中景草・後景草と成長した後の高さが違う事も覚えておく必要があります。

育成の難しい水草は枯れたり、溶けてしまうので肥料や光量が必要になったり

二酸化炭素を添加するため、最初は簡単に育成ができる水草を選びましょう。

・ 水槽内の配色

水槽内をキレイに演出するためには配色は重要で水草の配色は主に2種類あります。

・ 緑色の水草の明暗による配色

・ 水草の緑色と赤色を混ぜ合わせた配色

この配色に流木や石の色が加わります。

・ 奥行き

水槽の中央を吹き抜けにする事で奥行き感を出す方法と

底床に傾斜をつけて奥行き感を出す方法があります。

・ 傾斜をつける方法は前を低く後を高くする

・ 中央だけを凹状にして凸凹をつける

奥行き感を出すには効果的なので試してみてください。

・ 水槽内の人工物

ろ過フィルターの給水・排水のポンプやヒーターなどの人口物は

水槽内の環境を保つには必要な道具なのですが

自然の様なレイアウトを作る時に人工物が見えてしまうと不自然に見えてしまいます。

水草・流木・石を使って人工物を隠すだけでレイアウトが格段に良く見えます。

・ 人のレイアウトを参考にする

人がレイアウトで使っているモノを参考にして水草・流木・石を配置したり、

水草の育成のための肥料の添加したり・ソイルを選んだり・二酸化炭素を添加をする事で

どこにどのように配置するかを覚えれば自分なりのレイアウトができる様になってきます。

・ まとめ

レイアウトは3種類の構図を覚えたり、水草の種類や配色を考えたり

・奥行き感を出す事・人工物を隠す事・人のレイアウトを参考にする事で

最初は難しいと思いますが経験を積む事で

だんだんとキレイな水槽を作り上げる事ができます。

by カエレバ
Advertisement