使う前に知っておこう!サンゴ砂の特徴と使い方!

ホームセンターのペット用品コーナーやペットショップなどに行くと

さまざまな種類の底床が販売されていて初めて何か生体を飼いたいと思っている方は

何を買ったらいいのかわからないと思います。

(ソイル)(砂利や砂)(サンゴ砂)の底床にはそれぞれにメリット・デメリットがあり

生体や飼い方によっては相性の良くない組み合わせがあります。

そのため色や形だけで選んでしまうと相性の悪い組み合わせだったという事もありえます。

そうならないように今回はサンゴ砂の特徴や種類をわかりやすく説明したいと思います。

・ サンゴ砂の特徴

サンゴ砂はサンゴの死骸が細かく砕けて砂の様になったモノです。

カルシウムを多く含むため硬度やpHを上昇させる特徴があります。

淡水の生体を飼育する場合は水草の育成も同時に行う事が多いのでそれを考慮すると

弱酸性にする必要があります。

水草の育成に必要な栄養素が含まれていない事や色味が淡水の生体と合わない事、

水質を弱アルカリ性にする事が理由でサンゴ砂は基本的に使われる事はありません。

水質を高硬度・弱アルカリ性にするため、弱アルカリ性の水質を好む生体を飼育する場合や

大型の生体を飼育する水槽は硝酸塩の蓄積による低pHになりやすいので

低pHを防ぐ目的で少量のサンゴ砂が使用されています。

多孔質構造(表面に小さな穴がたくさんあいている)になっていて、

ろ過バクテリアなどの微生物が定着しやすくなっています。

砂利や砂よりも脆く、徐々に崩れてしまうので半永久的に使用する事はできません。

・ サンゴ砂

水質を弱アルカリ性に傾ける性質が強いのが一番の特徴で

弱アルカリ性を好む生体に棲みやすい環境にする事ができますが

飼育が出来る生体や育成が出来る水草が限られてしまいます。

多孔質のため、ろ過バクテリアが定着しやすくろ過能力を上げる事ができて

ろ材としても使う事が可能です。

・ サンゴ砂と相性の良い水槽

・ 海水で生活する生体を飼育する水槽

水質がアルカリ性に近づくので海水で生活する生体には棲みやすい環境にする事ができて

見た目も海水魚やサンゴと馴染んで相性が良いです。

・ 粒の大きさ

・ パウダータイプ(超細目)

粒がとても小さく粉に近いモノをパウダータイプと呼んでいて、

メーカーによって超細目と記載されている事があります。

砂に潜る生体に最適な低床で砂に潜る生態を観察する事ができます。

見た目がキレイで人気があります。

・ 注意する点

粒がとても小さいので通水性がなく汚れが溜まりやすいので

定期的な掃除をする必要があります。

・ 細目

粉よりは砂利に近いタイプで取り扱いが簡単です。

パウダータイプよりはキレイではないですが見た目が良いです。

・ 注意する点

特にありませんが掃除をしないでおくと生体に悪影響を与えるので

定期的に掃除をして水槽内をキレイに保ちましょう

・ 中目・粗目

細目よりも大きい粒なのが中目・粗目です。

粒が大きいので強力なポンプを使用する大型の水槽でも舞い上がる事がありません。

・ 注意する点

粒が大きいので隙間に汚れが溜まりやすいです。

定期的に掃除をして砂の汚れを取る事が必要です。

・ サンゴ砂の厚さ

サンゴ砂を厚く敷くほど汚れが溜まりやすいので薄く敷いておくのが良いです。

潜る生体を飼育する場合を除いて2から3cm位、敷いておけば十分でしょう。

・ まとめ

水質を弱アルカリ性に傾ける性質があるので弱酸性を好む熱帯魚を飼育するには不向きなので

弱アルカリ性を好む生体に使用する様にしてください。

サンゴ砂は栄養素が含まれていないので水草を育成する時は肥料が必要です。

弱アルカリ性の水質に適応する水草を選ばないと育成する事自体が難しいので

良く調べて育成する必要があります。

by カエレバ
Advertisement