使う前に知っておこう!砂利と砂の特徴と使い方!

ホームセンターのペット用品コーナーやペットショップなどに行くと

さまざまな種類の底床が販売されていて初めて何か生体を飼いたいと思っている方は

何を買ったらいいのかわからないと思います。

(ソイル)(砂利や砂)(サンゴ砂)の底床にはそれぞれにメリット・デメリットがあり

生体や飼い方によっては相性の良くない組み合わせがあります。

そのため色や形だけで選んでしまうと相性の悪い組み合わせだったという事もありえます。

そうならないように今回は砂利や砂の特徴や種類をわかりやすく説明したいと思います。

・ 砂利や砂の特徴

岩や砂利などを採取し粒を選別して揃えたり砕いたモノで

自然素材なので水槽の見た目が自然に見えるもっとも利用されている底床です。

石由来の素材なのでカルシウム成分が溶け出して

水質が弱アルカリ性に傾きやすい性質を持っています。

使い始めは特に弱アルカリ性に傾きやすいです。

しかし長時間の使用によって成分が減少していくので

弱アルカリ性に傾く性質は弱くなっていきます。

ソイルと違って砂利や砂の底床は洗う事ができたり、半永久的に使用できるのも特徴です。

欠点は栄養素が含まれていないため水草を育てる場合は肥料を底床に埋めたり追肥して

栄養素を水草に供給する必要があります。

・ 砂利

石なので頑丈なため、半永久的に使用する事ができます。

ある適度の大きさがある事で水槽内の表面積を増やす事ができ、

底床の通水性が確保されるため、ろ過バクテリアが定着しやすいです。

ろ材として使う事ができるので底面フィルターと組み合わせと効果的です。

・ 砂利と相性の良い水槽

・ 底面フィルターを使用する水槽

砂利は底面フィルターと相性が良く、砂利を使用すると表面積が増えて

ろ過バクテリアが定着しやすくなり

ある程度の大きさが通水性を良くするので底面フィルターを使って水槽内に

酸素を含んだ水を行き渡らせる事ができます。

・ 底物を飼育する水槽

粒に丸みを帯びる傾向がある砂利は水槽の底で生活する生体が

怪我をする可能性が低くなるので相性が良い底床です。

by カエレバ

・ 砂

石なので頑丈なため、半永久的に使用する事ができます。

粒が小さいので水草が根を張りやすくあまり肥料を必要としない

砂地を好む水草に向いている底床です。

粒が小さいため、通水性が悪くなるので有害物質が発生してしまいます。

砂を使用する場合は薄く敷いて使います。

底面フィルターで砂を底床としてしくと目詰まりを起こしてしまうので

使わないようにしましょう。

・ 砂と相性の良い水槽

・ 底物を飼育している水槽

コリドラスやドジョウなどの生体は砂ごとエサを食べてエラでこしとる習性を持っているので

自然本来の生態を観察する事ができます。 

・ 砂利や砂を使用する時に注意する点

砂利や砂を底床に使うと水質が弱アルカリ性に傾いてしまうので

弱酸性の水を好む生体には向いていないので生体を

飼育する時にはよく確認する様にしましょう。

砂利や砂は栄養素が含まれていないのでたくさんの栄養を必要とする水草を育成する場合は

肥料を埋めたり、追肥する必要があります。

砂を底床に使うと底面フィルターの場合、フィルターが砂で目詰まりを

起こしてろ過を行えなくなるので他のろ過フィルターを使う様にしましょう。

by カエレバ

・ まとめ

砂利や砂はソイルと違って水洗いができて再利用も可能で

半永久的に使う事ができますが栄養素が含まれていないので水草を育成したい時は

肥料を埋めたり、追肥する必要がある場合があります。

また水質を弱アルカリ性に傾ける性質があるので飼育したい生体が

弱アルカリ性に適応する事ができる生体かどうか確認する必要があります。

砂利や砂を底床に使うと水槽の見た目が自然に見えたり、

生体が持つ自然本来の姿が観察する事ができます。

砂を使うときは底面フィルターを使用しないようにしてください。

 

Advertisement