使う前に知っておこう!ソイルの特徴と使い方!

ホームセンターのペット用品コーナーやペットショップなどに行くと

さまざまな種類の底床が販売されていて

初めて何か生体を飼いたいと思っている方は

何を買ったらいいのかわからないと思います。

(ソイル)(砂利や砂)(サンゴ砂)の底床にはそれぞれにメリット・デメリットがあり

生体や飼い方によっては相性の良くない組み合わせがあります。

そのため色や形だけで選んでしまうと

相性の悪い組み合わせだったという事もありえます。

そうならないように今回はソイルの特徴や種類をわかりやすく説明したいと思います。

・ ソイルの特徴

ソイルは栄養を添加した土を焼き固めたモノで

水質を弱酸性に傾ける性質を持っています。

(一部の商品は中性に傾けるモノもあるようです。)

そのため弱酸性を好む生体にとって棲みやすい環境にする事ができます。

ソイルの一番の特徴は水草育成に必要な栄養素を多く含んでいるので

水草育成にオススメの底床です。

水草水槽をやっている水槽のほとんどは底床にソイルを使っています。

ソイルを使う事で今まで育成が難しかった水草も楽に育成が可能になったため、

難しそうに感じる水草水槽も誰でも簡単に出来るようになりました。

キレイな水草水槽に興味があり、やってみたい方は底床にソイルを使いましょう。

ソイルは土なのでろ過バクテリアが定着しやすいのでろ過能力が上がり、

水質が安定しますが砂を掘り返すような生体には使用する事ができません。

また水洗いや再利用ができず、長く使っていると粒が崩れて泥の様になってしまうので

一定の期間で交換する必要があります。交換目安は1から2年程が目安です。

・ ソイルの種類

ソイルには大きく分けて

『栄養ソイル』『吸着ソイル』『セラミックソイル』の3種類があります。

ソイルには有害物質や黄ばみを吸収する効果や水草育成の栄養効果があり、

それぞれのソイルはその効果を高めたモノです。

・ 栄養ソイル

栄養ソイルは水草の育成に必要な栄養素が多く含まれていて、

肥料などを後で追肥する必要がなく、すぐに水草を植えて育てる事が出来るソイルです。

・ 注意する点

ソイルに多くの栄養素が含まれているため、水槽内が栄養過多になりやすくなり

コケが大量に繁殖してしまうリスクがあります。

使い始めは有害物質も発生してしまうので

毎日、水換えを行って栄養の濃度を薄める必要があります。

水草をセットした後は毎日の水換えを行い、水草が成長し始めたら

1週間に2回程度の水換えを目安に行いましょう。

・ 吸着ソイル

吸着ソイルは有害物質や黄ばみなどの吸着能力が高く

吸着効果で飼育水は透明になり、アクが出る流木を透明な水に保つ事ができます。

・ 注意する点

栄養ソイルに比べると栄養素が少ないため、一部の水草では栄養が

不足してしまう事があり肥料などで追肥する必要があります。

また『ブレイク』と呼ばれる吸着の限界時期があり、

逆に吸着していた有害物質を水中に溶解させ

生体に悪影響を与える事があるので定期的に水質検査を行ってください。

・ セラミックソイル

ソイルを形が崩れないようにさらに焼き固めたモノで

ソイルの弱点の粒が潰れないので使用期限がありません。

・ 注意する点

栄養素が含まれていないため、一部の水草は栄養が不足してしまいます。

肥料などを追肥などする必要があります。

 

・ 粒の大きさ

ソイルの粒の大きさは1mmから5mmまでさまざまな大きさのモノがあります。

5mmのサイズがノーマルサイズで通水性に優れていて

1mmのモノより硬く崩れにくいです。

しかし粒と粒の間に隙間ができてしまい植える水草によっては抜けやすくなります。

1mmのサイズはパウダー状のため、通水性がノーマルサイズよりも劣ってしまいます。

しかし粒と粒が密着するので水草が抜けにくくなりますが

粒が小さい分崩れやすくなります。

・ ソイルの色

黒から明るい茶色までのカラーバリエーションがあります。

好きな色を選んでください。

まとめ

ソイルにはさまざまな特徴や種類があり、それぞれが使い方や効果が違います。

栄養ソイルは頻繁に水替えを行って、コケの発生をなるべく抑える事や

吸着ソイルにはブレイクがあり、生体に悪影響を与える事、

ソイルには交換時期がある事などソイルの使い方や効果を把握する事は大事な事です。

by カエレバ
Advertisement