知っていないと大変な事になるかも!エアレーションしてますか?

エアレーションは生体や水草・ろ過バクテリアなどの微生物にとても重要な役割があります。

水槽内に十分な酸素が行き渡っていないと水槽内の環境が悪くなる一方ですよ。

今回はエアレーションが必要な理由や仕方など意外と知らない事を詳しく説明します。

・エアレーションとは

エアーポンプから空気を送り込んでエアーストーンなどから空気の泡を発生させて

水槽内に空気を供給して溶存酸素量を増やす事です。

・エアレーションが必要な理由

・生体に酸素供給

魚などの生体はエラ呼吸で酸素を取り込みます。酸欠だと生命維持ができません。

・ろ過バクテリアに酸素供給

水をキレイにしてくれるろ過バクテリアなどの微生物も酸素が必要で

酸欠でろ過バクテリアなどの微生物が死滅すると生物ろ過が行われなくなります。

・水草の育成にも必要

日中は光合成をするために二酸化炭素を使いますが

光合成ができない夜間は酸素を必要とします。

・油膜を解消する

エアレーションによって水面を揺らし油膜が張らないようにして

水面からの酸素の溶け込みを減らさないようにする。

・エアレーションの仕方

・エアストーンを使った方法

エアーストーンとエアーポンプをエアーチューブでつないで

水槽内に空気を送り込み空気と水を触れ合わせて水に酸素を溶け込ませます。

・フィッシュレットを使った方法

フィッシュレットとエアーポンプをエアーチューブでつないで

空気の流れで水流を発生させて排泄物とゴミを回収すると同時に水に酸素が溶け込みます。

・投げ込み式フィルターを使った方法

投げ込み式フィルターとエアーポンプをエアーチューブでつないで

空気の流れで水流を発生させてろ過と同時に酸素が溶け込みます。

・スポンジフィルターを使った方法

スポンジフィルターとエアーポンプをエアーチューブでつないで

空気の流れで水流を発生させてろ過と同時に酸素が溶け込みます。

・底面フィルターを使った方

底面フィルターとエアーポンプをエアーチューブでつないで

空気の流れで水流を発生させてろ過と同時に酸素が溶け込みます。

・外掛けフィルターを使った方法

外掛けフィルターの吐水口から空気を巻き込みながら

水槽内に流れ落ちる事でエアレーションができます。

・上部フィルターを使った方法

上部フィルターは給水時と吐水時に空気を巻き込む事でエアレーションができます。

・効果的なエアレーションの方法とは

水が空気と触れる面積が大きいほどエアレーションの効果が大きいので

大量の細かな気泡で水面を揺らす事が効果的なエアレーションです。

・酸素が不足する環境とは

・外部フィルターを使用する

水槽内から水を汲み上げて排水ポンプで排出するまで空気に水が触れる事がありません。

・水草を多く育成している

夜間など水草も酸素を吸収・消費して成長します。

他に夜間は生体やろ過バクテリアも消費する為、酸欠になりやすいです。

・多くの生体を飼育している

多くの生体を飼育していると水面からの酸素の供給だけでは

酸素が不足して水も汚れやすい為酸素が水に溶けにくくなります。

・水温が上昇している

水温が上昇すると酸素が水に溶ける量が減少するので酸欠になりやすくなります。

・ろ過バクテリアが多い

水槽に対して大きめのフィルターを設置していると大量のろ過バクテリアが

発生して水槽内の酸素が足りなくなる事があります。

・注意する点

・音が気になる事がある

エアーポンプの起動音や振動音気泡の音水の流れる音

気になる事がありますがエアレーションは必須です。

・二酸化炭素を逃がしてしまう

二酸化炭素を添加している水槽だと逃がしてしまい効率が悪くなってしまいます。

・気泡のはじけて水しぶきが飛ぶ

気泡がはじける事で水槽の周りが濡れてしまったり、

水に含まれるカルシウムなどの成分が固まって白く目立ちます。

・フィルターやモーターのエア噛み

給水口の下でエアレーションをすると空気が給水口から取り込まれて

異音や騒音が発生する事があります。

・水流が強くなる

エアレーションが強すぎると気泡が水面に上がる時に水流が発生します。

・まとめ

エアレーションは生体や水草・ろ過バクテリアなどの微生物にとても重要な役割があります。

酸素を供給しないと酸素がどんどん使われて水槽内が酸欠状態になってしまいます。

酸欠状態は生体や水草・ろ過バクテリアなどの微生物にとって危険な状態で

死んでしまう事もあるのでエアレーションを使って酸欠状態を回避しましょう。

by カエレバ
Advertisement