エアレーションと掃除を同時に?フィッシュレットを使おう!

フィッシュレットは大型の生体や排泄物が多い生体を飼育する時に利用されています。

初めて水槽に使う時は使い方や効果がわからないと思うので詳しく説明します。

フィッシュレットとは

水槽内の排泄物を水流の力で効率よく集められる道具です。

・フィッシュレットの仕組みは?

エアーポンプから空気が出る勢いと空気によってプロペラが回って

フィッシュレットの下から上に水流を発生させて

その水流に乗った排泄物やゴミを集めます

・フィッシュレットのメリットは?

・排泄物やゴミを回収しやすい

水流に乗った排泄物やゴミがフィッシュレットの中に溜まっていくので

溜まったらフィッシュレットを回収するだけです。

・エアレーションもできる

フィッシュレットはエアレーションして動いた水流を使って排泄物やゴミを回収するので

水槽内に酸素を供給できます。

・ろ材も入っていて生物ろ過も出来る

フィッシュレットにはセラミックのろ材が入っているのでろ材を使って生物ろ過ができます。

・フィッシュレットのデメリットは?

・フィッシュレットが目立ちやすい

フィッシュレットは大きいので小型の水槽だと目立ちますし邪魔になる事があります。

・底床を敷くと効果が下がる

底床を敷くと底床も集めてしまうのと底床が邪魔をして排泄物やゴミを

うまく回収する事ができなくなります。

・沈下性のエサも集めてしまう

フィッシュレットは水流を使って排泄物やゴミを回収しますが

エサが沈下性で底にあると一緒に回収してしまいます。

・どんな水槽にオススメなの?

・排泄物が多い生体を飼育している時

排泄物が多い生体は排泄物を回収できるフィッシュレットを使う事で

効率よく掃除ができます。

・大型の生体を飼育している時

大型の生体もたくさんのエサを食べたり、排泄するのでフィッシュレットを使うと

簡単に掃除ができます。

・多くの生体を飼育している時

多くの生体を飼育するとエサの食べ残しや排泄物の掃除が必要にですが

フィッシュレットを使えばエアレーションと掃除が同時にできます。

・フィッシュレットを工夫して利用してみる

排泄物にはまだ栄養が残っている場合があるのでフィッシュレットの中に

ザリガニやエビなどを入れて溜まった排泄物を食べさせます。

排泄物をエサとして食べてくれればさらに栄養が抜けた状態で排泄されるので

コケの発生を防いでくれたりエサが腐って水を汚すのを防いでくれます。

・まとめ

大型の生体や排泄物多く出す生体・生体を多く飼育する場合は水槽内の掃除

をたくさんする必要がありますがフィッシュレットを使えばエアレーションによって

集まった排泄物やゴミを効率良く回収する事ができるので掃除が楽にです。

フィッシュレット内にザリガニやエビなどを入れて排泄物やエサの食べ残しを

食べさせて栄養がさらに少なくなった排泄物を出すので栄養による

コケの発生や水が腐るのを防いでくれます。

by カエレバ
Advertisement