エサの種類知ってますか?エサ(生餌タイプ)を与えよう!

生体を飼育する時は必ずエサを与えなくてはいけませんが

ペットショップやホームセンターなどに行けばたくさんの種類のエサがあるので

飼育している生体にはどんなエサを与えるのが良いのかわからない方もいると思います。

この記事では生餌タイプの事を詳しく説明しているので

飼育している生体に合ったエサを見つけてください。

・生餌タイプとは

大型の生体には肉食の種類も多く存在していて人工の飼料を食べない個体には

小赤やメダカなどの生きたエサを与える必要があります。

・生餌にはどんな種類があるのか

・金魚

エサとして流通しているのが小赤(コアカ)と言う種類の金魚で

生体のサイズごとに入手する事ができるます。

ゆっくりと泳ぐ金魚は大型の生体が捕食しやすく水槽内で目立つので

食べたかどうか確認しやすいです。

by カエレバ

・メダカ

小型の生体の場合は金魚よりも小さいメダカを与えます。

水槽内で常に泳いでいる状態にしましょう。

by カエレバ

・アカヒレ

メダカでも大きすぎる場合はアカヒレを与えましょう

水槽内に常に泳いでいる状態にするといつでも生体が食べる事ができます。

・ミルワーム

栄養価が高くて大型の生体が好んで食べます。

たまにおやつ代わりに与えましょう。

by カエレバ

・ザリガニやエビ類

ザリガニやエビ類を与えると色揚げの効果があり生体の体色が鮮やかになってきます。

角やハサミは生体が食べる時にケガをする事があるので折っておくと良いでしょう。

by カエレバ

・コオロギ

アロワナなどの生体にはコオロギが好んで使われます。

またコオロギは両生類や爬虫類のエサにも使われています。

by カエレバ

・どんな時に選ぶエサなの?

・人工飼料を食べない生体を飼育する時

肉食の生体は人工飼料を食べてくれない事があり管理の手間や費用がかかりますが

生餌を与えると食べてくれます。

また生餌を与えると大きくて立派な体形や色鮮やかな体色にする事もできます。

・まとめ

人工飼料を食べない生体には生きたエサを与える必要があります。

生体の大きさに合わせて生餌のサイズを変えたり、生餌の管理や費用がかかりますが

生餌は色揚げ効果があり栄養価も高いので

大きくて立派な体形になる・体色が色鮮やかになます。

Advertisement