ろ過について知ってる?物理ろ過を知ろう!

水槽で生体や水草を飼育・育成をしているとだんだんと水が汚れていきます。

水が汚れていくのを防ぐためにはろ過フィルターを水槽に設置して水を

ろ過したり、有害物質を無害化したり、

枯れ葉などのゴミを濾しとったりする必要があります。

ろ過フィルターにはいろいろな種類がありますが、

どのろ過フィルターでも基本的な目的は同じで3つに集約されます。

・バクテリアを繁殖させ、バクテリアの働きにより有害物質を無害化する「生物ろ過」

・目に見えるゴミや枯れ葉などを濾し取る「物理ろ過」

・化学反応を利用し、アクや濁りなどを除去する「化学ろ過」

今回は物理ろ過について詳しく説明していきます。

・物理ろ過とは

物理ろ過の目的は水槽内に浮いている枯れ葉や熱帯魚の排泄物などの

大きなゴミを濾し取る事です。

物理ろ材にもろ過バクテリアなどの微生物などが定着することもありますが、

主な目的は物理的にゴミを濾し取る事で、ろ過バクテリアなどの微生物などの定着による

生物ろ過は補助的な機能なのでであまり期待しない様にしてください。

物理ろ過をする方法は?

物理ろ材を使ってろ過します。主なろ材はウールマットとスポンジです。

・ウールマットタイプ

目が細かい素材で耐久性があまりありません。

・スポンジタイプ

目が粗い素材で耐久性があります。

・物理ろ材を使う時に注意する事は?

粗目のスポンジタイプは耐久性の高いので洗って使用すれば

1年程度は使い続ける事ができます。

細目のウールマットタイプは耐久性が低いので半年程度で交換をする必要があります。

ウールマットタイプは細かいゴミも濾し取るので目詰まりを起こしやすいです。

早めに掃除をしたり交換をする事でろ過能力の低下を防いでください。

・物理ろ材の掃除のタイミング

生体の種類や数・ろ過フィルターの能力などの環境によって違います。

・pHの低下

・目視にろ材の状況の確認

・期間を決めて定期的に掃除

※ろ材の掃除をする時は飼育水やカルキ抜きをした水で掃除してください。

ろ過バクテリアなどの微生物などが死滅して水槽内の環境が変わってしまいます。

・まとめ

物理ろ過は生体の出す排泄物や枯れ葉などの大きなゴミを濾し取ってくれます。

物理ろ過に使われるウールマットなどにはろ過バクテリアなどの微生物などが

定着してくれるので生物ろ過の効果も多少あります。

ペットショップやホームセンターなどで良く見かけるのはウールマットタイプですが

スポンジタイプなどたくさんの種類があり、耐久性や交換時期が異なるので

商品の説明を良く読んでください。

物理ろ材の掃除はpHの低下・目視によるろ材の状況の確認・掃除をする期間を決めておく

などして物理ろ過がキチンと行われている様にしてください。

by カエレバ
Advertisement