ろ過について知ってる?生物ろ過を知ろう!

水槽で生体や水草を飼育・育成をしているとだんだんと水が汚れていきます。

水が汚れていくのを防ぐためにはろ過フィルターを水槽に設置して水を

ろ過したり、有害物質を無害化したり、

枯れ葉などのゴミを濾しとったりする必要があります。

ろ過フィルターにはいろいろな種類がありますが、

どのろ過フィルターでも基本的な目的は同じで3つに集約されます。

・バクテリアを繁殖させ、バクテリアの働きにより有害物質を無害化する「生物ろ過」

・目に見えるゴミや枯れ葉などを濾し取る「物理ろ過」

・化学反応を利用し、アクや濁りなどを除去する「化学ろ過」

今回は生物ろ過について詳しく説明していきます。

・生物ろ過とは

ろ過バクテリアなどの微生物などが定着する場所を作り

 

定着した場所に汚れた水を通してろ過バクテリアの力で

有害物質を害の少ない物質に変える事をいいます。

どうして有害な物質が発生するの?

水槽内は生体の排泄物やエサの食べ残しなどから有害物質が発生してしまいます。

有害物質をろ過バクテリアがアンモニア亜硝酸塩硝酸塩の順番で害の少ない物質に

変える事で生体が住める環境を作ります。

ろ過バクテリアが定着する場所は?

ろ過バクテリアが定着する場所は底床やろ過フィルター内などで

定着した場所に汚れた水を通す事でろ過バクテリアが生物ろ過をします。

生物ろ過ができないとどうなるの?

水槽内に有害物質が溜まります。

有害物質の濃度が高くなると生体の体力を奪い病気になりやすくなったり、

死んでしまいます。

生物ろ過を強化する方法は?

水槽に底床を敷いたり、ろ過フィルターを増やして

ろ過バクテリアが定着できる場所を増やす事で簡単に強化する事ができます。

物理ろ材を使う時に注意する事は?

ろ過バクテリアが生物ろ過をしても硝酸塩が残ります。アンモニアに比べれば

影響は少ないですが硝酸塩も生体には有害なので水換え作業をしましょう。

底床やろ過フィルターなどろ過バクテリアが定着したモノに

塩素が入っている水道水で洗うとろ過バクテリアが死滅してしまいます。

水換え作業で移動させた捨てる飼育水やカルキ抜きをした水で洗うなど工夫しましょう。

・まとめ

生物ろ過は水槽内で発生するアンモニアを亜硝酸塩→硝酸塩とより害のない物質に

変えてくれるのろ過の方法です。

生物ろ過はろ過バクテリアが定着する事ができる場所を増やすと

簡単にろ過能力が上がるので強化したい場合はろ過フィルターを増やしたりします。

生物ろ過で残った硝酸塩も生体には害があるので定期的な水替えを行って

生体に影響がない様にしてください。

ろ材やろ過フィルターなどろ過バクテリアが定着しているモノを掃除する時は

飼育水など塩素が含まれていない水で掃除をしないとろ過バクテリアが死滅して

水槽内の環境が変わってしまいますので注意してください。

Advertisement