ろ過フィルターにはさまざまな種類があるの知ってますか?オーバフロー水槽について知っておこう!

生体を飼育する場合は生体がエサの食べ残しや排泄物などで

水槽内の水が汚れてしまうのでろ過フィルターは必須です。

ろ過フィルターが水槽内の汚れをろ過してくれるので水槽内がキレイに保たれて

生体が住みやすい環境にする事ができるのです。

しかしろ過フィルターにはさまざまな種類があるので準備をする時に

どんなろ過フィルターを選んだら良いのかわからないと思います。

今回はろ過フィルターの中のオーバフロー水槽について簡単に説明します。

・オーバーフロー水槽とは

水槽内の水を水槽の中や下に設置したろ過槽に落として

ろ過槽でろ過された水をポンプで汲み上げて水槽に戻す構造です。

・オーバフロー水槽の種類

オーバフロー水槽には2種類ありますが違いはろ過フィルターの種類です。

・背面フィルター

背面フィルターは水槽の奥に設置されていて水槽の背面でろ過を行う装置にです。

水槽内にろ過フィルターが収まっているので水槽周りがスッキリし、

水槽の水の落下音が小さいのです。

ろ材を入れるスペースが小さいのでろ過不足になりやすく

ろ過フィルターが設置されていない前方からしか水槽内を鑑賞できません。

・サブタンク(ろ過槽)

一般的なオーバフロー水槽の仕様で水槽と水槽台に穴が空けられていて、

水槽台から水槽内に三重になった管が設置されています。

ろ過槽が水槽と別になっているので大量のろ材を入れる事ができるので

ろ過不足になりません。

水槽内の水をろ過槽に落とすため、落下音が大きくなってしまいます。

水槽の別にろ過槽があるため、総重量が重くなってしまうので注意してください。

オーバーフロー水槽のメリットは?

・ろ過能力が高い

ろ材スペースが広いのでたくさんのろ材を使う事で高いろ過能力を発揮します。

水質が安定しやすい

ろ過槽にも水量があるので急激に水質が悪化する事がない。

オーバーフロー水槽のデメリットは?

音がうるさい

水槽内の水をろ過槽に落とすので水が落下する音がします。

値段が高い

オーバーフロー専用の水槽とその水槽を設置する収納台、

さらに収納台に収納するオーバーフロー機材が必要になり高額です。

・どんな水槽にオススメなの?

高いろ過能力があるので大型の生体を飼育する場合や大量の生体を飼育する場合など

大量のエサの食べ残しや排泄物がでる様な時に使うのにオススメです。

・まとめ

オーバフロー水槽はろ過能力がが高くて水質が安定しやすいので

水を汚しやすい大型の生体や大量の生体を飼育するのに向いています。

他のろ過フィルターよりも値段が高く水の落下音が大きい・総重量が重いなど

設置する場所を選ぶ必要がでできます。

by カエレバ
Advertisement