ろ過フィルターにはさまざまな種類があるの知ってますか?スポンジフィルターについて知っておこう!

生体を飼育する場合は生体がエサの食べ残しや排泄物などで

水槽内の水が汚れてしまうのでろ過フィルターは必須です。

過フィルターが水槽内の汚れをろ過してくれるので水槽内がキレイに保たれて

生体が住みやすい環境にする事ができるのです。

しかしろ過フィルターにはさまざまな種類があるので準備をする時に

どんなろ過フィルターを選んだら良いのかわからないと思います。

今回はろ過フィルターの中のスポンジフィルターついて簡単に説明します。

・スポンジフィルターって何?

エアーポンプをつないで空気の力で水をスポンジ部分から吸い上げて、

循環させてろ過する構造です。

・スポンジフィルターのメリットは?

・価格が安いので簡単に準備ができる。

・スポンジの目が細かいので稚魚や稚エビ等が吸い込まれない

・スポンジ表面に発生するデトリタスなどが、エビの餌になる

・エアーポンプを接続して、使うとエアレーション効果が期待できる

・水槽外にフィルターの設置スペースがいらない

・スポンジフィルターのデメリットは?

・スポンジの見た目が大きいためのでレイアウト水槽では目立ってしまう。

・スポンジの大きさでろ過能力が決まるので水槽によっては使いにくい。

・どんな水槽にオススメなの?

病気などで隔離が必要な生体の一時な隔離水槽に使ったり、

エビ類などの小型の生体の飼育にも向いていて、稚魚や稚エビが吸い込みにくい

フィルター構造なのでオススメです。

・まとめ

ろ過と同時にエアレーションをする事ができるので

小型の水槽に設置すると水槽の周りがスッキリします。

スポンジ部分にゴミが詰まりやすく頻繁に掃除をする必要がありますが

構造が簡単なモノなのでろ過フィルターの掃除も楽にできます。

ろ過能力はスポンジ部分の大きさで決まるので大きいスポンジフィルターを選べば

高いろ過能力を発揮します。

大きなスポンジフィルターを選べばその分水槽内で目立つ事にもなるので

レイアウトをしない水槽や稚魚や病気などで隔離が必要な時に使うのが良いと思います。

by カエレバ
Advertisement