ろ過フィルターにはさまざまな種類があるの知ってますか?投げ込み式フィルターについて知っておこう!

生体を飼育する場合は生体がエサの食べ残しや排泄物などで

水槽内の水が汚れてしまうのでろ過フィルターは必須です。

ろ過フィルターが水槽内の汚れをろ過してくれるので水槽内がキレイに保たれて

生体が住みやすい環境にする事ができるのです。

しかしろ過フィルターにはさまざまな種類があるので準備をする時に

どんなろ過フィルターを選んだら良いのかわからないと思います。

今回はろ過フィルターの中の投げ込み式フィルターについて簡単に説明します。

・投げ込み式のフィルターとは

水槽内に設置するろ過フィルターです。

空気の力で水流を作りろ過する構造です。

・投げ込み式のフィルターのメリットは?

・価格が安いので簡単に準備ができる。

・サイズがS・M・Lなどあるので、水槽の大きさに合わせて使い分けができる。

・フィルターのサイズが大きくないので、
 
緊急時のフィルターとしてストックしておく事ができる。

・水槽の周りにろ過フィルターの設置スペースがいらない

・投げ込み式のフィルターのデメリットは?

・ろ材(生物ろ過)の容量が小さい

・水草水槽などのレイアウト水槽では目立つ

・設置した場所の周りに汚れが溜まりやすい

どんな水槽にオススメなの?  

生体メインの水槽や一時的な隔離水槽などに向いているろ過フィルターです。

・まとめ

投げ込み式フィルターは価格が安いのですぐに準備する事ができ、

水槽内に投げ込むだけで簡単にろ過できる様になるので初心者向けのろ過フィルターです。

さまざまなサイズがあるので水槽の大きさに合わせて設置する事ができます。

一時的な隔離水槽にも使いやすいのでストックしておくのが良いでしょう。

ろ材の量が限られているのでろ過能力があまりありません。

大きな水槽ではろ過不足になるのでサブフィルターとして使う方法もあります。

レイアウトされた水槽では投げ込み式フィルターは目立ってしまうので

他のろ過フィルターにした方が良いと思います。

投げ込み式フィルターの周りはエサの食べ残しや排泄物などの汚れが溜まりやすいので

掃除をしてください。

by カエレバ
Advertisement