ろ過フィルターにはさまざまな種類があるの知ってますか?外掛けフィルターについて知っておこう!

生体を飼育する場合は生体がエサの食べ残しや排泄物などで

水槽内の水が汚れてしまうのでろ過フィルターは必須です。

ろ過フィルターが水槽内の汚れをろ過してくれるので水槽内がキレイに保たれて

生体が住みやすい環境にする事ができるのです。

しかしろ過フィルターにはさまざまな種類があるので準備をする時に

どんなろ過フィルターを選んだら良いのかわからないと思います。

今回はろ過フィルターの中の外掛けフィルターついて簡単に説明します。

・外掛けフィルターって何?

水槽のフチに設置するろ過フィルターです。

ろ材を入れる容器と水を循環させるモーターが付いている構造です。

・外掛けフィルターのメリットは?

・水槽のフチに設置するだけで簡単に行える

・コンパクトな設計になっているので保管する時も場所をとらない

・外部・上部フィルターに比べて価格が安い

・付属のろ材を他のろ材にするなど改造をする楽しみがある

・モーターの稼動音が静か

・外掛けフィルターのデメリットは?

・付属の交換用ろ過材を定期的に交換しないといけない

・思った以上に維持費がかかる

・サイズの割りに水流が強く、水流を嫌う生体には工夫が必要になる

・そのまま使うとろ過能力が低く、水質を安定させにくい

どんな水槽にオススメなの?

小型の生体がメインの水槽や水草水槽などあまりろ過能力が必要がない水槽にオススメです。

隔離水槽にも使えます。

・まとめ

外掛けフィルターは水槽のフチに設置するだけなので水槽の周りがスッキリします。

外部フィルターや上部フィルターに比べて値段が安いので簡単に準備する事ができます。

付属のろ材は定期的に交換する必要があるので維持費がかかるので外掛けフィルターの

空いた場所に他のろ材を使ってろ過能力を上げる必要があります。

by カエレバ

Advertisement