ろ過フィルターにはさまざまな種類があるの知ってますか?外部フィルターについて知っておこう!

生体を飼育する場合は生体がエサの食べ残しや排泄物などで

水槽内の水が汚れてしまうのでろ過フィルターは必須です。

ろ過フィルターが水槽内の汚れをろ過してくれるので水槽内がキレイに保たれて

生体が住みやすい環境にする事ができるのです。

しかしろ過フィルターにはさまざまな種類があるので準備をする時に

どんなろ過フィルターを選んだら良いのかわからないと思います。

今回はろ過フィルターの中の外部フィルターついて簡単に説明します。

外部フィルターって何?

水槽から離して設置するろ過フィルターです。

ろ材を入れる容器と水を循環させるモーターが付いている構造です。

外部フィルターのメリットは?

・フィルターが密封されているので二酸化炭素が逃げにくい

・ろ過槽が大きく、ろ材を多めに入れる事ができるのでろ過能力が高い

・水槽内に給水・排水パイプ以外余計な物を入れる必要がないので水槽内がスッキリする

・さまざまな水槽に対応できる

外部フィルターのデメリットは?

・ろ過フィルターを起動させたままで掃除ができないので面倒

・設置する場所の確保が必要になる

・ろ過フィルター内に汚れが溜まると急激に流量が低下する

・他のフィルターに比べて価格が高い

どんな水槽にオススメなの?

さまざまな水槽に対応する事ができてろ過槽も大きいのでろ過能力が高いので

高いろ過能力が必要な大型の生体の飼育に向いています。

外部フィルターは二酸化炭素を逃がしにくいので

水草水槽の様に水草を育成するのにも向いています。

・まとめ

ろ過槽が大きく、たくさんのろ材を入れる事ができるのでろ過能力が高いです。

給水・排水のパイプ以外を水槽内に入れる事がないので

レイアウトする水槽や水草水槽に使用しても邪魔になりません。

密閉されたろ過フィルターなので二酸化炭素を逃がしにくいので

水草水槽をする時に使います。

ろ過フィルターを起動させたままではろ過槽内を確認できないので

掃除をしないでおくとろ過槽内に汚れが溜まって流量が下がり、ろ

過能力が低下するので定期的な掃除が必要です。

他のろ過フィルターよりも値段が高いです。

by カエレバ
Advertisement