飼育する前に覚えておく事は?水合わせ編

何か飼育したいけど

何をしたらいいのか

分らないと思っていませんか?

飼育するために覚える事は

水合わせです。

何か飼ってみたいと思ったら

水合わせを覚えましょう。

どうして水合わせが必要なの?

水合わせは

生体を飼育する時に

前の飼育水の水質から

今の飼育水の水質に

徐々に慣らして行く作業に

なります。

水温や水質が違うと

急激な環境の変化で

生体に悪影響を与えて、

弱ったり、

死んでしまいます。

必ず、水合わせを

しましょう。

どうやって水合わせをするの?

まず

袋に入っている生体を

そのまま、水槽に浮かべます。

30分程度、浮かべておけば

水槽と袋の中の水温が

同じになります。

同じ水温にしたら、

容器に移し

袋の水を少し捨てて

捨てた分と同じ量の水を

袋の中に入れます。

そして

10分間待ちます。

この作業を

3~5回繰り返します。

水合わせが終わったら、

生体を

丁寧に水槽内に

移します。

より簡単な点滴法とは?

点滴法は

水を1滴ずつ足していくので

水質の変化がゆっくりになる

水合わせ方法です

生体の負担が軽くなります。

点滴法のやり方は?

水槽と袋の水温を同じにしたら

容器に移します。

容器は水槽よりも

低い位置に設置して下さい。

エアーチューブの片方に

水槽から抜け出ないように

キスゴムで固定するか

エアーストーンをつけて

重りにします。

もう片方には

一方コックをつけて

容器に垂らしておきます。

キスゴムがあると

固定できます。

そして

一方コックを咥えて

エアーを吸います。

エアーチューブの中に

水がある程度、

入ってくると

サイフォンの原理で

水が流れてきます。

水量を一方コックで

調節します。

容器内に

水がある程度、溜まってきたら

少し水を抜きます。

あとは

容器に溜まった水を

抜く作業を

30分から1時間繰り返すと

点滴法の水合わせが完了します。

水合わせをする時に注意する事は?

生体が入っていた袋の水は

なるべく

水槽に入れないで下さい。

袋の中の水に

病原菌がいた場合

水槽内に病原菌を

持ち込んでしまい、

水槽内の生体も

病気になってしまいます。

by カエレバ
Advertisement