エサの種類知ってますか?エサ(粒・顆粒タイプ)を与えよう!

生体を飼育する時は必ずエサを与えなくてはいけませんが

ペットショップやホームセンターなどに行けばたくさんの種類のエサがあるので

飼育している生体にはどんなエサを与えるのが良いのか

わからない方もいると思います。

この記事では粒・顆粒タイプの事を詳しく説明しているので

飼育している生体に合ったエサを見つけてください。

・粒・顆粒タイプとは

粒・顆粒の状態になっているのでフタなどに出せば分量がわかりやすく、

毎日キチンとした分量のエサを与えたい場合は、エサの分量を把握しやすいです。

小粒のモノや大粒のモノや浮上性のエサ・ゆっくりと沈む沈下性のエサ・沈下性のエサなど

さまざまな種類があるので生体の種類に合わせて選ぶ事ができます。

気を付ける事は粒状のエサは水を吸うと思った以上に大きく膨らむということです。

自分が与えたいと思っている量より与えすぎになっている可能性もありますので

気を付けましょう。

どんな時に選ぶエサなの?

・水槽の上層や中層で泳ぐ生体を飼育している時

最初は水面を浮かんでいますが時間がたつと水を吸収して徐々に沈んでいきます。

生体が勢いよく水面に突っ込んでくると水面が揺れて落ちてくるので

水面や水槽の真ん中辺りで泳ぐ生体に向いています。

・水質が悪くなるのを出来る限り抑えたい時

固形のエサなのでフレークタイプよりも劣りますが消化吸収が良くて

生体が一口で食べられる大きさを選べば食べ残しや排泄物が少なくなるので

水を汚しにくいです。

・まとめ

粒・顆粒状なのでどの位を生体に与えたかがわかりやすくてさまざまな種類のエサがあるので

生体に合わせてエサを選びやすいです。

消化吸収も良いので生体が一口で食べられる大きさを選べば

べ残しや排泄物が少なくなるので水を汚しにくくなります。

by カエレバ
[adchord]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください